Amazon

Kindle Paperwhiteで読書をするメリット【10選】

Kindle Paperwhiteを生活に導入してから、ほぼ毎日数時間の読書を欠かしていません。

寝る前の多少の暗闇でも目に優しく読むことができるなど、本には無い「読みやすさ」がKindle Paperwhiteにはあります。

紙の本では無く、Kindle Paperwhiteで読書をするメリットをご紹介します。

Kindle Paperwhiteで本を読むメリット

Kindle Paperwhiteを1ヶ月間、ほぼ毎日使用して感じた10個のメリットをまとめてみました。

  1. 目に優しい
  2. 文字が読みやすい
  3. 薄型で軽量
  4. 容量が多い
  5. バッテリーが長持ち
  6. 機能が充実
  7. 書籍が安い
  8. 防水機能が付いている
  9. 読みたいときにすぐ読める
  10. Kindle Unlimited加入で読み放題

目に優しく、読みやすい

本と同じような見やすさです。

画面にはマットな「e-inkスクリーン」を採用しており、太陽の光の下でも反射せずにストレスなく文字を読むことができます。

文字の黒色がはっきりと浮き出て見えるのでとても見やすく、フォントや、行間の幅、端末の縦横の向きも変更することができます。

より読みやすい自分にあった使い方で読書を楽しむことができます。

夜寝る前に暗めの部屋で使用してもスマホと比較して目の疲れがほとんど感じないのが実感できました。

薄型で軽量、バッテリーも長持ち

大きさは12cm×17cmほど。

重さは180グラムほどで、とても軽いです。

(ちなみにiPhoneXRが194グラムなのでスマホより軽い!

容量が多い

Kindle Paperwhiteには2種類の容量を選ぶことができます。

  • 8GB
  • 32GB(8GBより2,000円高い)

8GBでもマンガが約130冊はいるほどの容量です。

何百冊という本をこの端末の中にいれて持ち運ぶことができます。

外出先で「あの本のあそこの部分が読みたい」というときにもさっと取り出すことが可能です。

スマホだと、写真や動画やアプリなど他の要素とのストレージの兼ね合いを気にしないといけないですが、これは読書専用端末。

仮に容量がいっぱいになってしまっても、どの本を削除するかを気にすれば良いだけですね。

機能が充実している

  • ハイライト機能
  • メモ機能
  • 辞書機能

紙には無いこのような機能が主に搭載されています。

特に、本を読んでいると、漢字の読み方や意味がわからない言葉に出会うことがあります。

その文字をタップするだけで辞書やウィキペディアが現れるのは、とても便利な機能だと感じました。

紙の本を買うより安い

電子書籍は紙の本を買うよりも60〜80%安く購入できます。

物としての「本」に価値を感じる人もいると思いますが、重要なのは本の中身。

同じ内容で同じインプットができるなら、安いにこしたことはありません。

人に貸したいなどの目的がなければ、場所も取らないし劣化もしない電子書籍はとてもおすすめです。

防水機能がついている

紙の本では無い機能です。

お風呂で読んだりすることが可能です。

防水性能は「IPX8等級」ということで、これは深さ2mの水中に60分間沈めても大丈夫ということを表しています。

汚れても水で洗うこともできますね。

読みたいときにすぐに読める

本を購入する場合は

  • 本屋さんへ行くか、
  • ネットで購入することになると思います

どちらにもそれぞれメリットはありますが、共通して言えることが本を開くまでに、店舗に足を運ぶか到着を待つかという時間がかかります。

電子書籍であれば、「読みたい!」と思ったときに、ダウンロードすれば、数秒後〜数分後にはその本の中身を読むことができます。

Kindle Unlimitedで和書12万冊が読み放題

Kindle Unlimitedに加入すれば、和書12万冊、洋書120万冊が読み放題です。

通常は月額980円。

本は購入すると1冊980円以上するので一ヶ月に一冊読めば元をとれる計算になります。

読書の習慣をつけるなら加入していて損はない、お得なサービスです。

スマホアプリじゃだめなの?

Kindleはスマホアプリでも読めるので、人によっては必要ないんじゃないかと思うかたもいるでしょう。

実は僕も購入して使ってみる前にはそう思っていたので、買うのをためらっていました。

しかし、実際に使ってみて感じたのは以下の3点がとにかく良かった。

  1. 目に優しい
  2. スマホのように通知がこない
  3. 文字がみやすい

実際に使ってみると、紙の良さをそのままタブレットで体験させてくれていると感じることができました。

スマホや他の端末にはない良さがKindle Paperwhiteにはあります。

Kindle Paperwhiteの金額

KindlePaperwhiteの金額は以下の通り

  • wifi/8GBバージョン 13,980円
  • wifi/32GBバージョン 15,980円

※広告なしバージョンはそれぞれプラス2,000円

3Gモデルもありますが、自宅でwifiが使える方であれば、家にいるときに書籍をダウンロードしておけば、外で読むことができるので、wifiバージョンで良いと思います。

  1. 本棚が必要ない
  2. 紙の本より1割ほど安く書籍が買える
  3. 使い勝手が良い

こういったガジェットは価格ではなく価値で購入を判断するのがGOOD。

書籍が本より安く買えることや、それ以外のメリットを考えるととてもお値打ちです。

上のメリットでも書きましたが、Kindle Unlimitedに加入すればその中にある本は毎月読み放題です。

 

KindlePaperwhiteを安く買うには

Kindle PapaerwhiteはAmazonの商品です。

Amazonは定期的に安売りセールを多く行なっていて、Kindleは特に安くなります。

Amazonプライムデー、サイバーマンデー、タイムセール、ブラックフライデー、初売りなど、タイミングを狙えば3000円〜6000円ほど安く購入することができます

僕もAmazonプライムデーに購入したので、6000円近く安く購入することができました。

Amazonプライム会員はプライムデーに参加できる以外にもたくさんのメリットがあるのでおすすめです。

超お得なAmazonプライム会員【全人類におすすめしたい】こんにちは、ゆーです! 2020年に世界の会員数を1億5000万人を突破した、超有名サービス「Amazonプライム」。 テレ...

おすすめ端末はやはりKindlePaperwhite

Kindle端末は、2020年現在、3種類のラインナップがあります。

  • Kindle
  • KindlePaperwhite
  • KindleOasis

この中で最もおすすめなのは「KindlePaperwhite」です。

ちょうど良いサイズで、断然コスパが良いです。

「Kindle Oasis」はKindle Paperehiteが2つ買えてしまう値段ですが、そこまで費用対効果があるかと言われると、読書をするだけなら、やはりKindle Paperehiteで十分です。

価格は気にせず、大きめの画面でマンガなど細かい部分までしっかりみたいという方はKindleOasisでも良いかもしれないですね。